スーハー漁師バビロンの釣りバカ日誌

水の上では先輩も後輩もないっ!!バス釣りの釣行記(遠征多数)を中心に公開していく予定。

『八郎潟 春の陣』サクラの花も6分咲き DAY1

季節は例年より2週間遅れの八郎潟
北西の風が吹き荒み白波立つタフコンディションの八郎潟
果たしてスーハー漁師バビロンは去年の実績を上回ることができるのか!?


5月2日(火)20時過ぎ東京を出発
ナビの案内によると6時間ちょっとで到着予定
b-carは外環から東北道を経て一路 八郎潟
s-RIMG1417.jpg


ロングドライブですが不思議と眠くならないですよ
>寝巻きを着ながら興奮状態で運転中
am1:30 3度目の休憩>秋田道 山内SA
s-RIMG1418.jpg


あと小1時間で到着の位置まできました
一気に行き現地で仮眠を取るか悩みましたが
たいへん疲れましたので ブランケットを被り
ここで仮眠を取ることに、、、
am3時前 あまりの寒さに目が覚める
気温は3度、、、 さみい さみすぎる
一気に新生大橋を目指す 
東京からガソリンノンチャージで男鹿半島まできました

s-RIMG1420.jpg

s-RIMG1419.jpg


am4時過ぎ 新生大橋到着
さて様子はどうかな?と橋脚周りを見てみると枯れ葦もないですよ
s-RIMG1421.jpg


釣れんのか??すぐさま釣り開始の気分でもないので
再び眠りにつく しかし さみい、、、
am5:30くらいに目が覚める
スピナーベイト テキサスを投げる シーーン、、、釣れません
ビュオオオオオオオオオオオオオオ 
風が豪快に吹き荒れております


n水門へ移動
先行者 クルマ4台あり
さすがGW 目ぼしいポイントは先行者がどこにでもいますよ
あーーー、、、混んでるなーーーー
どこ行きゃいいんだよ~

五明光橋へ移動
水量も増えてます 水はヒャーーーー 冷てい!!
枯れ葦の隙間へ ノーシンカーを撃っていきます
ブルルン!ブルルーン!フーミンばりのブルルンバイトです!!
スッポーン!!
すっぽ抜けました、、、 なんか小さそう、、、
リベンジ!!チコン チコン チコン チコン チコン
ぐぐぐぐぅ~っっ
慌てず送り込み オリャーーーー!!
初ハチロウバスは 意外とアッサリ釣れました>カットテール4inc(WM)

s-RIMG1422.jpg

s-RIMG1423.jpg

s-RIMG1424.jpg


葦のちょい沖目でヒット
サイズは小さいけど まずはデコリ回避の一匹

では隣の葦原へ
チコチコチコチコチコ
ブルルン!ブルルーン!フーミンばりのブルルンバイトです!!さっきと同じくらいのサイズです

s-RIMG1425.jpg

s-RIMG1426.jpg

s-RIMG1427.jpg


ここでAR-45にチェンジ
脅威の水押し 水の抵抗がかなりあってイイ感じ
ぐぐぐぐぅ~っっ
テンポがイイので思わず顔がニヤけちゃいます
オリャーーーー!! ぷっちーーーん
ぐわわわーーーっ!?ラインブレイクぢゃ~
むむむ~、、、ラインを結びなおし 再度AR-45をシェキシェキナ~ウ☆彡
その時 ぶっわっしゃーーーーーん!!と
枯れ葦の中からバスが飛び出してきましたっっ!!
あやや!!なかなかイイサイズだぞっっ 35上はあるっっ
ぐぐぐぐぐぅ~っっ  バシャバシャ ブチっ、、、
『、、、、、、、、、、』またラインブレイクぢゃ~、、、
なんかラインの結び方がオカシかったみたいだ、、、
この後またバラシて この場を去ることに

中央幹線水路へ移動
先行者がいるので 隣の水路へ
藪も枯れてて いつもは入れないところへも入れます
相変らず雰囲気はいいですがコーヒー牛乳のような水の色
s-RIMG1428.jpg

s-RIMG1429.jpg


一級ポイントにノーシンカー テキサスを撃ち込んでゆく
シーーン、、、釣れません


一気に南下することに
各水門をチェックするも先行者ありありで入れない状態
ダダ荒れの西部承水路>西岸から
s-RIMG1431.jpg


途中野池もチェック
アルティメットクリアで
イキフンビンビコですが魚いません
s-RIMG1433.jpg


も も 猛烈な睡魔が、、、
早めの昼食を取り うどん カレー めっちゃ安いが お味は、、、、 
s-RIMG1435.jpg


塩口漁港へ
s-RIMG1436.jpg


先行者がいたので釣果を聞くと『全然ダメ』だと
いってるそばで1匹小さいの釣り上げてましたよ
むぐぐぐ、、、ダメだ、、、起きてられん、、、
ということでシエスタ
しばしの休息のあと クレイジークレイドルを投げまくる!!
>レッドペッパーにクランクで爆釣って書いてあったので
1回目の根掛かり 救出 2回目の根掛かり ロスト、、、
やる気が一気に失せた

ということで移動

妹川などを橋脚よりチェック
しかし人が多いな~、、、

ということで一気に某河川上流部へ移動
ここは夏場デップリとしたバスが釣れるので重宝しております
鯉のノッコミはないようです
例年ですと春先 岸際は鯉がバシャバシャやってて釣りにならんのですよ
ということでシエスタ
インレット 橋脚下へテキサス ノーシンカーを撃ち込んでゆく
シーーーン、、、、 まだバスは川に上がってきてねいのかな?
ということで上流へ向かいながら バッシャンバッシャン
テキサスを岸際へ撃ち込んでゆきます
しかし惚れ惚れするくらいのナイスですねコントロール
ヒュルルルルルルルルルルルルルル
ポシャンと着水と同時に釣り吉三平のシーンよろしく
水面下からバスが飛び出してきましたっっ!!
うを~っっ!?こりゃ~スゴイ引きだ!!
これですよ!これなんですよ!
クサイとこに撃って釣れる教科書通りの釣り

s-RIMG1442.jpg


見て下さい このデップリとしたグラマラスなバスをっっ
s-RIMG1438.jpg

s-RIMG1441.jpg


こんなバスが釣れるからハチロウガタはヤメられん
来て良かった~
さらに上流に進んでゆき 水門へ
帽子を目深に被りサングラスをかけ中腰で差し足忍び足で
ストーカーのように水門へ忍び寄り>傍から見たら変質者です

水門から半身を出し 流れ出しへカットテールをポトリ~ん
チコチコチコチコチコチコ 
シーーン、、、  うーーーーーむ、、、、 
再度 流れ出しへカットテールを 
あやや!?しまった!!か~っ、、、失投した、、、 
あー、、、ちくそーーー ナニやってんだ わし
チコチコ、、、
ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅぅ~っっ!!むむむっ!?
ぐっ!!とロッドを立てた その時 白い魚影が反転!!
うっおりゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
うをををををを!!こりゃデケエ!!
ギュイイイイイイイイインと絞り込まれる銘竿エアリアル
くわーーーっ 暴れるでないっ 暴れるでないっ バレてしまうっ
ふぅぉわーーー さっきのよりデカイ!!!
シ シ シビレる~、、、 災い転じて吉と出る
なんか このバス 下アゴが突起みたいになってて卑猥なんすもも 
硬いモノ食べ過ぎか??

s-RIMG1444.jpg


s-RIMG1443.jpg

s-RIMG1447.jpg

s-RIMG1446.jpg


この後 メジャーポイント大潟橋へ移動 例年よりキャンパーが少ないか?
 
s-RIMG1449.jpg

しかしバサーは多い 相変らず 風は強い 白波は立っている
見学のみで北上 水の上に人が立っています
s-RIMG1452.jpg

s-RIMG1453.jpg

s-RIMG1450.jpg


北緯40度線のポイントは すごい路上駐車にすごい人
風裏だから みんな集まってきてるのだろうか??>吉羽園状態
s-RIMG1454.jpg


鳥島 イーストワン周辺へ
バババババーーーーーン
と目に飛び込んできたのは
『人妻熟女ざかり』なるエッチな本が!!
s-RIMG1455.jpg


むむむ~っ、、、またしても釣り場にエロ本が、、、、
ここはイーストワンでランチングする
ボーターの皆さんが駐車する場所なのだが
ここで野シコならぬ 車シコしとる輩がいるのでは??と
『ロス疑惑』ばりの怪しさでごぜいますよ


まんじりともしませんが ポイントへ降り
スピナベをサークルキャスト うーーーむ、、、
TDプロスバイブをサークルキャスト うーーーむ、、、
ここは風裏になるのでキャストもしやすいです
これが最後の一投だな、、、
ブブブブブブブブブブブブブブブブブブブブブブブ
小気味いい音をさせてバイブをファストリトリーブ
大人のオモチャぢゃないのよっ 大人のオモチャぢゃないのよっっ
足元まできた その時っっ!!

s-RIMG1465.jpg


ゴン!ゴン!!
ぐおわーーーーーーーっ!?キターーーーーーーーーっっ!!
猛烈な引きっ!!
ボートからは『をを!!釣れてるよ』の声が
ふふふふ もっとオレを見ろ 見て見晒せっ
白っぽいですが レギュラーサイズでしょうか

s-RIMG1459.jpg

s-RIMG1463.jpg

エロ本とバスとわたくし
s-RIMG1462.jpg


あーーー うれしいっっ
最後の一投を投げなければ釣れてなかった
シックスセンスてあるけど こりゃセブンセンスの勢いだな

s-RIMG1458.jpg


日没も迫ってまいりました
某河川流れ出しチェック後

s-RIMG1466.jpg


某河川上流部水門へ
ベイトも たくさん跳ねてて ナニかが起こる予感大

ここの水門は『キヨちゃん水門』と命名
名前の由来は この水門を2人で攻めた時に 相方は
水門の中へスキッピングしたあと わしの顔を見るなり
目をニヤつかせながら 無言で反対側に回り込み
バカスカ バスを釣り上げ 散々釣り尽くしたあとに
ここにバスいるよと教えてくれた 曰くつきの水門なのぢゃ
なんとも 狡っからしい男なのぢゃよ
本人は『オレだけ釣れればいい』という人間的に
かなり屈折した性格のヤツなのですよ

ということで まずは水門内へスキッピング
シーーーン、、、、
でわ 流れ出しへ ポトリ、、、
コココン  
!? ビシュッッ は~っ、、、 すっぽ抜けた、、、
なんか小さい感じだけど いるな
シュバっ ポトリ、、、 チコチコチコぐぐぐぐぐぐぅ~っ ムフフ!?
慌てるでない 慌てるでない 慌てては先ほどの二の舞ぢゃ
充分にラインを送り込む
ぬをりゃーーーーーーーーーーーーーーーーーっっ!!
ギギギギギギギギギギギギギギギギギ
悲鳴を上げるドラグ
ギュイイイイイイイイイイイイイインと絞り込まれるエアリアル!!
ぐおおおおおおおおお デカイ!! くわーーー すごいファイトだ!!
ヒイイイイイイイイイ バレちまう 暴れるんぢゃね~っ
揚がってきたバスは プリスポーンダイナマイトなオンナですよ!!
すっげ~ ブタブタだよ

s-RIMG1470.jpg


s-RIMG1471.jpg

まだ寝巻き羽織ったまんまですが気になさらないで下さいね
s-RIMG1472.jpg


このあとトップとクランクを投げまくり納竿

森岳温泉にてアセを流し帰宅
ビール片手にロンドンハーツを見ながら明日の展望を
考えるも何も思いつかない
というわけで眠りにつく

初日 終了

DAY2釣行記 しばし待ちたまへっっ!!
スポンサーサイト
  1. 2005/05/19(木) 18:49:09|
  2. 2005年釣行記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
<<『八郎潟 春の陣』 菜の花乱舞 DAY2 | ホーム |

コメント

はやく

続きを書け。
  1. 2005/05/20(金) 01:58:11 |
  2. URL |
  3. n #/pdu0RA.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://babylon8404.blog10.fc2.com/tb.php/1-bc1b9015

楊貴妃も入った「温泉」 (中国旅行)

美しい池と緑に囲まれた「華清池(かせいち)」 。ここは玄宗と楊貴妃のロマンス(8世紀)で有名な公園です。緑や池の多い公園内は広々としており、ゆっくり時間が流れる感じ。 夕暮れ時の涼しい風が心地よく、のんびりするのにいい場所です。園内には、2700年前に発見
  1. 2005/05/22(日) 00:18:49 |
  2. ぐ-すか・ぶ-すか中国大冒険!

バビ 

現在の閲覧者数
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Category

Links

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Search